映画スタッフのための契約レッスン

映画スタッフに向けて、契約に関する様々なコンテンツを作成しました。本事業は文化庁委託事業として、文化庁が公表した「文化芸術分野の適正な契約関係構築に向けたガイドライン」に基づいて、有識者と共に制作しています。2024年秋以降、フリーランス新法が施行されます。発注者は、スタッフに業務委託をした場合、直ちに、業務内容、報酬額、支払期日その他の事項を、書面または電磁的方法で明示しなければ、フリーランス新法違反となってしまいます。

発注者と受注者に、正しい知識がなければ、内容の分からない書類に印鑑を押すだけになってしまい、正しい契約や交渉はできません。発注者・受注者ともに、契約交渉の際には本事業のコンテンツをぜひご活用ください!

契約書ひな型例

本契約書ひな型例は、映画制作に携わるスタッフのうち、制作会社等に雇用されないフリーランスと制作会社等の間で締結されることを想定したものです。業種を限定しないスタッフ業務全般を対象としています。基本的には、文化庁が2022年7月に公表した「文化芸術分野の適正な契約関係構築に向けたガイドライン(検討のまとめ)」の別添ひな型例に準拠した上で、一般社団法人日本映画制作適正化機構が公表している「映画制作の持続的な発展に向けた取引ガイドライン(映適取引ガイドライン)」や韓国映画界で使われている標準契約書等を参考とするほか、映画制作業界における慣行を反映させたものです。

解説あり

各条項の右側に弁護士による解説文が記載されています。近日公開予定です。

解説なし

解説文の記載はなく、契約書としても、そのまま使用できます。

ガイドブック

映画スタッフの契約事情〜韓国映画界の事例紹介〜

この冊子では、まずフリーランス新法について解説し、契約までのワークフローを確認します。そして文化庁ガイドラインの考え方に基づき、映画スタッフのために作成した「契約書ひな型例」を解説していきます。 また、映画スタッフ各業種における契約時のポイントや、映画ジャンル等による留意点を解説します。最後に日本以外の事例として、韓国とアメリカ各映画業界における契約面の取組をご紹介します。

解説動画

フリーランス新法の解説と契約書ひな型例のうち重要な事項について、解説しています。

講師長澤哲也

弁護士・弁護士法人大江橋法律事務所 パートナー弁護士

主著として、『優越的地位濫用規制と下請法の解説と分析〔第4版〕』(商事法務、2021 年〔初版2011 年〕)、『独禁法務の実践知』(有斐閣、2020 年)。文化庁 文化芸術分野の適正な契約関係構築に向けた検討会議 委員。

1:フリーランス新法に関して2:契約書ひな型例の使い方3:業務内容4:付随業務・業務内容の追加と変更5:報酬6:追加報酬に関する事項7:報酬の支払い期日8:中止・延期9:安全衛生・保険・ハラスメント10:紛争解決11:解説まとめ

オンライン講座
映画スタッフの契約事情〜韓国映画界の事例紹介〜

2024年秋に迫るフリーランス新法の施行を前に、映画業界を含む文化芸術分野では、契約書を交わさない慣習が問題となっています。

文化庁主催の本事業では、「映画スタッフのための契約レッスン」と題して、映画スタッフの知識を最新のものに更新するためのコンテンツ制作を行っています。その一環として、オンライン講座「韓国映画界から学ぶ〜映画スタッフの契約事情〜」を開催します。

この講座では、韓国の映画現場で使用されている「標準契約書」の日本語訳資料を紹介しながら、日韓で活躍する映画関係者を交え、日本映画界がどう変わっていけば良いか、考えていきます。

映画スタッフの契約事情〜韓国映画界の事例紹介〜

契約に関する対面研修会

対面研修会

ゼロから始める、契約書の読み方講座〜映画スタッフ編〜

「契約書って難しくてよく分からない」

「渡された契約書に納得できないけど、どう交渉したら良いか分からない」

「そもそも契約書がどういう仕組みで、何ができて、何ができないのか知りたい」

これらの声にお応えし、専門の弁護士による対面研修会を開催!「弁護士の話は難しくて分からない」という方も大丈夫。多様な映画関係者が聞き手として登壇します。本事業で作成する「契約書ひな型」や「解説冊子」も無料配布し、それらをもとに分かりやすく解説いたします。

ぜひ、以下日程から申し込みください。参加費無料です。

※ 多様な映画関係者が聞き手として、登壇予定。情報は随時更新。

※ 登壇者は直前で変更となる場合があります

講師

長澤哲也

弁護士・弁護士法人大江橋法律事務所 パートナー弁護士

主著として、『優越的地位濫用規制と下請法の解説と分析〔第4版〕』(商事法務、2021 年〔初版2011 年〕)、『独禁法務の実践知』(有斐閣、2020 年)。文化庁 文化芸術分野の適正な契約関係構築に向けた検討会議 委員。

ゼロから始める契約書の読み方講座 映画スタッフ編 1 ゼロから始める契約書の読み方講座 映画スタッフ編 2 ゼロから始める契約書の読み方講座 映画スタッフ編 3 ゼロから始める契約書の読み方講座 映画スタッフ編 4 ゼロから始める契約書の読み方講座 映画スタッフ編 5

  1. 主催:文化庁(令和5年度「芸術家等実務研修会」)
  2. 事務局・企画・運営:一般社団法人Japanese Film Project
  3. 協力:(協)日本映画監督協会、(協)日本映画撮影監督協会、(協)日本映画・テレビ照明協会、(協)日本映画・テレビ録音協会、(協)日本映画・テレビ美術監督協会、(協)日本映画・テレビ編集協会、(協)日本映画・テレビスクリプター協会、(協)日本シナリオ作家協会、日本映画大学
  4. 監修:長澤哲也(弁護士・弁護士法人大江橋法律事務所 パートナー弁護士)
  5. 有識者:神林龍(労働経済学者 / 武蔵大学経済学部教授)
  6. イラスト:クラーク志織
  7. 全体デザイン:鈴木規子
  8. 韓国イベントデザイン:中野香
JPFロゴ 文化庁ロゴ
CONTACT US

お問い合わせ

JFPにまつわるご質問、取材のご依頼など、気軽にお問い合わせください。

[email protected]